備忘録

ただの日記になると思います

人間失格

わたしのちっぽけなプライドなんてどうでもいい。
曲がりなりにも数年間おなじ仕事を続けてきて、それでもこんなことで躓いて、それで傷つく自分のちっぽけナプライドなんて、ほんとどうでもよくて。
誰かに怒られて慰められて助けられて、そんなのもどうでもよくて!

その結果傷付けてしまったひとがいて、それはわたしの仕事ではたぶんあってはならないことで、リカバリーが可能なことなのか、フォローができることなのか、わたしにはもうわからない。
少なくともいまの自分には全然判断できない。

この仕事続けていていいんだろうか。
わたしがいることで傷付くひとがいるなら、もう見えないところに行った方がいいんじゃないだろうか。
このあいだ冗談まじりで先輩に言われた、そろそろ異動だよね、ってことば。
あのときはそれを拒むことばばっかりでてきて、寂しいからいやだなぁ、離れてもきっと気になることばかりになっちゃう、って話をしたんだけど。
何日も経たないうちに、ここから逃げ出せるならそれでもいいかも、と思い始めてしまった。
大切な場所なことに変わりはないんだけど。

いつか、いつか終わるのかなぁ。
終わったとしてもなくなったわけじゃないんだよなぁ。
なかったことになるわけじゃないんだよなぁ。

失敗しながら成長するなんて独りよがりな言い方、どう頑張ってもいまの自分には受け入れられなくて、ただただ奥歯を噛み締めている。
泣いて解決するならいくらでも泣いてやるけどそんなのただの甘えだってしってる。