備忘録

ただの日記になると思います

ODDi

自分の好きなものをいつから好きなのか、ってことを考えるのはとても楽しい。テーマが「好きなもの」だから概ねポジティブな記憶しか掘り起こされないせいだと思う。思い出学だ。芋づる式思い出引きずり出し法。

 

学園祭学園のことを考えている。

わたし初めて学園祭学園を生で見たのいつだったんだろう、って考えたんだけど。もしかして昨年末の「喋って歌え」が初なの!?ってなって動揺してる。鷲崎さんに関してはもっと前だけど。鷲崎さん目当てでa&g観に行ってるし。

 

そういえば今年に入ってから、少なくとも青木さんのことはほぼ毎月見ているはず。

1月のアコギFUN、2月3月のアコギな夜、4月の喋って歌え、5月のアコギな夜、6月のユモユモリリイベ、7月のリリイベと喋って歌え、8月のヨナヨナ夏休み、9月のOOpsリリイベ、10月の学祭とアコギFUN。

今のところ11月はまだ予定がなくて(神戸か?神戸なのか?)、12月は喋って歌えに行く予定。ほら!

 

今までこんなハマり方したことあったかなって。

タイミングも良かったんだと思う。いくら急激にハマっても、現場がなければじわじわと熱は冷めていくけど、そんな間も無く生で彼らを見る機会があって、毎回期待以上の満足感を得られて、間髪開けずに次に見に行かれる機会が提供されて、で、いま。

いつの間にか新幹線で会津に行くぐらいには好きになってる。NACSだって初めて遠征したのは仙台だったし(いや札幌か?どっちが先だ?)、お笑いだって未だに仙台に一度行ったきりだし、音楽だと花澤さんの大阪以外はないかな。RADIOFISHも名古屋までだったのに。

 

生でしか見られない可能性が極めて高い、っていうのもつい現場に足を運んじゃうひとつの要因だと思うし、生で見に行った人たちの熱量が羨ましくなるのもあると思うし。

あとやっぱり、初めてリアルタイムでリリースに立ち会えた「嘘」の存在も大きいかな。ほんとに衝撃だった。こんなにも的確に、しかも(一見すると)ポップに、創作物という実像のないものに縋って生きるひとのこと(誤解を恐れずに言えば総じてオタクと言ってもいいかもしれない)を歌えるものなのか、って。any love,anymoreっていう画面の向こうのものに縋って生きる歌についてもそうだし。

心臓痛くなるぐらい「そう!それ!」ってなって、自分を許せるというか、まるっと認められるかもしれない、という気持ちになった。おおげさじゃなくて、生かされたと思った。

 

好きなものや影響を受けたものを包み隠さず見せてくれるところも好きだなぁ。

その筆頭が鷲崎健さんなわけだけど。

「きみのせい」からの「ディスコ・ディテクティブ〜水曜日の探偵〜」はダメだよね。泣いちゃうよね。

暗い部屋にひとりでいたら神様に力技で明るいところに引っ張り出された青年が、10年かけて仲間を得て、居場所を得て、神様と並んでふたりで歌を歌うんだって。しかも自分が書いた歌。誰もまだ見たことのない神様の姿を、自分の手で浮かび上がらせることができるんだって。そんなことある?

鷲崎さんに褒められて、思わず進行が止まる青木さんを見て泣いたよね。ふたりの歴史の何分の一も知らないくせに。

 

何が言いたいかって言うと、オッド・アイのアルバム「Okey Dokey Do it」がめちゃくちゃ楽しみだなって話。

<予約受付中>オッド・アイ フルアルバム「Okey Dokey Do it」 - A&Gショップ

これまでほとんど音楽に積極的な興味を持ってなかった人間が、CDの発売日を指折り数える、って相当すごい話だと思いますよ。

ほんと楽しみ。