備忘録

ただの日記になると思います

アイドルってすごいのよ

好きなものがいっぱいある分にはいいと思うんだ。

 

子どものころはとても忙しくて(今もそこそこだけど)、みんなが好きなテレビとか、歌手とか、そういうのにはあまり触れられなかったんだけど、今はその反動なのか、いろいろ好きなものがある。

見るのも好き。自分でやってみるのも好き(時々パンクしかけるのはご愛敬)。

ここ数年は特にそうで、働き出したのもあるかもしれないけど、仕事の行き帰りで聞くラジオとか、休みのたびに出かけるイベントとか、職場の机にひっそり忍ばせたグッズとか、そんなものに生かされている。

 

それでも、なるべく手を出さないでおこう、と思って薄目で見ていたものがひとつあって。

それがアイドルでした。

アイドルごっこ(と本人たちが言っているからいいでしょう)みたいなもの、企画とか、は好きで見てて。主に夏に。北海道で。二年ごとに。

でもそういうのではなくて、アイドルになりたくて、アイドルとして生きていきたくて、っていうひとたちからはちょっと距離を置いていた。

肌に合わない、じゃなくて合い過ぎてしまうというか、好きになり過ぎてしまうと思ったんだよねー。

 

周りのアイドルファンたちは、男子にしろ女子にしろ、とても楽しそうで、でも時々とてもつらそうなんですよ。

卒業とか、脱退とか、解散とか、あるでしょう。

グループだったりすると、その中での関係性とか、立ち位置とか、やきもきすることもあるんだろうなぁとか。

 

大抵のアイドルは、誰が決めたのかわかんないけど、なんとなくアイドルとしての期限みたいなものがありそうだな、とも思っていて。

そうじゃないところもあるんだろうけど。

すごく好きになっちゃうかもしれないし、でもきっと別れの日は来るし、それがつらいからそもそも付き合いたくない、みたいな。

そんな気分でアイドルを薄目で見てたんですけどね。

 

 

いやーーーーーだめですね。

時間の問題でした。

アイドルってすごいね、一旦現場行ったらもうだめですね。

 

 

ひょんなことからprediaさんっていう、大人アイドルのワンマンライブに行ったんですよ。

ひょんなことって言うかまぁ、自分でチケット買ったんですけど。

イベントのゲストに出てるprediaさんしか知らなくて、だから毎回3,4曲しか聞いたことなくて、でも見た目とか曲とかすごく好みで、いいわねーぐらいだったんですけどね。

多分その「いいわねー」が、こないだのヨナフェスと、あとそのちょっと前のリリイベで決壊した感がある。

新曲がとても好みだったのもあるんだと思うけど、これ今見ないでいつ見るんだ、という勿体ない精神で、ついライブに足を運んでしまったのでした。

 

 

ほんとに、めちゃくちゃよかったんですよ、ライブ。

かっこよくてセクシーで、女の子が憧れるような女の子が6人もいてね。

みんなそれぞれ持ち味があって、それぞれとても魅力的で。

アイドルだから当たり前なのかもしれないけど、つやつやの髪の毛とか、ぱっちりまつげとか、髪をかきあげる仕草とか、ちらっと見えるくびれとか、客席を見やる視線だとか、そんなところまで完璧なのね!と圧倒されてしまったのでした。

女性エリアの後ろの方で見てたんだけど、「こっち見た!」って瞬間って、本当にあるんだなぁとか。

夢のような時間でした。

 

わたしは全然詳しく知らないけど、彼女たちにもいろいろな歴史があって。

最近だとメンバーが半分近くに減ってしまったこととか。

リアルタイムで知っているのはそれくらいなんだけど、それってグループにとってはすごく大きな出来事だったのは分かる。

ライブの中で、10人だった自分たちと、6人だった自分たちと、その変遷を見てきたファンの人たちのことも話していて。

今の自分たちが一番魅力的でなくちゃ、ファンでいてよかったって思ってもらわなくちゃ、また来たいと思ってもらわなくちゃ、ってそんな思いが伝わってきて。

まぁ泣いたよね。初参戦のくせにボロボロ泣いたよね。

そこから、彼女たちの決意の塊、みたいな楽曲があって。

わたしはprediaが大好きだ!と胸を張って言うことにしたのでした。

 

胸を打つようなストーリーがあってさ、それに甘えちゃうのはとても簡単だし、それだってエンタメだと思うんですけど。

prediaってそこに甘えないんだなっていうのもすごく感じたんだよなー。

振り付けもフォーメーションも歌割も変わったはずで、でも何の違和感もない、完成度の高いパフォーマンスだったんだよね。

大変だった、つらかった、これが今の精一杯です、でもいいはずなのに。

そういう潔さというか、ストイックさも、すてきだなと思うところのひとつです。

 

 

ライブ前は恥ずかしいとか緊張するとか言ってたくせに、終演後はそそくさと特典券を手に入れて、写真を撮らせていただきました。

もうね、至近距離で見れば見るほどかわいいのね。すごいね!

目がくるんと大きくて、肌がすべすべで、ひとりひとりに元気に声をかけて、あんなにかっこよかったのに、ステージ降りたらみんな優しい美少女なんですよ。

こんなことある?

同性だからっていうのもあると思うけど、多分ちょっと距離近めでお話してくれたりして、すっかり舞い上がりました。

せめて彼女たちの視界に入っても恥ずかしくないぐらいにはちゃんとした女性になりたいなと思ったよ…わたしいろいろ頑張る。

 

 

みたいなことをTwitter等々でファンの方たちと語らっていた(もちろん現場には知り合いひとりもいなかった)ら、衝撃的なPVが公開されて、また惚れ直したのでした。

 


predia「シャララ・ナイアガラ」

 

なんかこの、やらされてるんじゃなくて自分たちの美意識で、好きでやってます!なかっこいいセクシーさ、憧れるよね…何回転生したらこんなんなれるんだろ。

わたしのタイムラインも割と長いこと騒然としてたけど、このセクシーさは女の子こそ好きなやつだと思う。

 

predia、ほんとすごいよ。